忍者ブログ

弁理士、1級知的財産管理技能士であるGolferPAが、弁理士試験、知的財産管理技能検定試験の合格を目指す方々にとって有益な情報をご提供します。新司法試験の論文式試験(選択科目:知的財産法)を受験される法科大学院の方々にもお役に立てると思います。また、知財・弁理士の実務関連についても情報展開していきます。更に、ちょっとした書評もお伝えします。
*admin*entry
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

情報処理学会「改正著作権法とIT」
昨日東京大学にて開催された情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会の「改正著作権法とIT」セッションに参加させていただいた。

非常に面白く、有益でした。
その様子はtwitterでつぶやきましたが、それらも含めて、ここに書いてみます。

  • 私も改正法検討に関わりましたが、複雑化する改正法をわかりやすくしたいと主張するヤフー・別所最高コンプライアンス責任者(COO)兼法務本部長の発言に同意します。
  • 著作権を審議する文化審議会は権利者側の代表が多く、その人達のコンセンサスが得られないものは進められないとする別所COOの発言に賛同します。
  • 著作権未処理を宣言した上で利用させてもらいたいと主張する国立国語研究所・前川教授の希望は今後の検討において考慮すべきです。
  • 権利制限は現在ある技術・サービスにしか対応できず、新しいサーピスを思い付いてもすぐ事業にできないという東京大学生産技術研究所・前田准教授の悩みを聞いていると、研究開発の自由度を確保するためには個別的権利制限制度のみではやはりうまくいかないと感じました。
  • 今後の課題として別所COOが挙げられた以下は今後の検討において考慮に値すると思います。
    • 短期的課題1:フェアユース議論に対する一般利用者のロビー活動の場の創設
    • 短期的課題2:刑罰規定の見直し(研究開発利用を救済するため、米国法のように商用利用に限定するなど)
    • 長期的課題1:著作権法のそもそものあり方の本質的議論
    • 長期的課題2:技術側から貢献できることの模索(余分な複製が発生しないようにする技術など)

 

拍手[0回]

PR
comment
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackback
この記事にトラックバックする ()
| 396 | 395 | 394 | 393 | 392 | 391 | 390 | 389 | 388 | 387 | 386 |
| prev | top | next |
CM : 忍者ブログ : [PR]
LEC アドヴァンステキスト
ブログ内検索
資格・講座&ランキング
資格・講座の検索はこちらから ↓



1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
プロフィール
HN:
GolferPA
性別:
男性
職業:
企業弁理士
趣味:
ゴルフ、音楽制作
自己紹介:
GolferPAです。
ゴルフ好きが弁理士になりました!
音楽も大好き、作詞作曲もします。
これからも知財のスペシャリストになるべく、勉強続けていきます!
皆さん、よろしくお願いします。

■2008年11月
 弁理士試験合格
■2009年4月
 弁理士登録
■2011年2月
 特定侵害訴訟代理業務
 付記登録

■2008年12月
 1級知的財産管理技能士
■2005年3月
 電気通信主任技術者
 (第一種伝送交換)
twitter
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny