忍者ブログ

弁理士、1級知的財産管理技能士であるGolferPAが、弁理士試験、知的財産管理技能検定試験の合格を目指す方々にとって有益な情報をご提供します。新司法試験の論文式試験(選択科目:知的財産法)を受験される法科大学院の方々にもお役に立てると思います。また、知財・弁理士の実務関連についても情報展開していきます。更に、ちょっとした書評もお伝えします。
*admin*entry
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10年後にどうなっているか?
本日7月1日は弁理士の日です。平成9年に、「特許代理業者登録規則」施行日の7月1日が「弁理士の日」に制定されました。

この日を記念し、ドクガクさんの呼びかけに応じ、「10年後にどうなっているか?」について述べててみます。
 
 
10年後・・・正直なところ、自分がどうなっているか、全く想像できないですね。

私は企業弁理士なのですが、昔だと、そのまま日々を過ごせば、今の会社に残っているのだろうなぁということが想定できましたが、今の時代は、一歩先、何があるがわからない世界。10年後どころか、来年、どのような立場になっているか、想定が難しくなっています。

ただ、これは、受身的な考え。未来は自分で作るものだ、の観点からいけば、どうか。
私の場合、これからの10年は、本格的な知財の世界への足固めにしたいと考えています。

「本格的?」・・・今、私は、企業の中で、技術戦略や企画をメインの業務として持ちながら、知財は兼務業務として担当させてもらっています。また、知財の分野では、出願の業務は担当せず、専ら渉外(訴訟・警告)対応をやらせてもらっています。

このまま技術戦略・企画部門に携わっていきたいという気持ちがありますが、ここに知財を「本格的」に絡めていきたいと考えています。

言葉や理論ではよくあるのですが、本当の意味での、知財戦略と技術戦略のミックス、これにきちんと取り組んで、知財と技術とをトータルで全体的に俯瞰して語れ、実践できる人間になりたいと考えています。

言いかえると、やはり、「コンサルティング」になるのかもしれません。

ここで、知財業界全体の話しに移すと、業界全体についても、出願や中間処理等の従来からある専業業務以外に、やはり、今後は、10年後には、今よりもっと付加価値が必要になってくるのだと思います。

ソーシャルな時代、あらゆる分野の知財を横連携で結び付け、新たなイノベーションを起こしていく、そのアドバイスを担い、新たな動きを主導していく、やはり、言いかえると、コンサルティングが、知財業界のこれからにとって、大きな付加価値になるような気がします。

最近、ベンチャー企業とお会いしお話しする機会が増えているのですが、この世界の方々は、ベンチャーキャピタルはじめ周囲の多くの有識者のアドバイスを参考にしながら、イノベーションを爆発させています。自分たちだけでは難しいが、周囲の力を融合することにより、大きな流れを生み出しています。この原動力部分を支えているのが、コンサルティング力なのだと思います。

散文になりましたが、私の、そして、知財業界の10年後にとってのキーワードは、使い古された言葉かもしれませんが、やはり、「コンサルティング」だと思います。

                    海外出張先のシリコンバレーにて。

講座・ゴルフ場検索はこちらから ↓
   
1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

拍手[0回]

PR
| 655 | 654 | 653 | 652 | 651 | 650 | 649 |
| prev | top | next |
CM : 忍者ブログ : [PR]
LEC アドヴァンステキスト
ブログ内検索
資格・講座&ランキング
資格・講座の検索はこちらから ↓



1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
プロフィール
HN:
GolferPA
性別:
男性
職業:
企業弁理士
趣味:
ゴルフ、音楽制作
自己紹介:
GolferPAです。
ゴルフ好きが弁理士になりました!
音楽も大好き、作詞作曲もします。
これからも知財のスペシャリストになるべく、勉強続けていきます!
皆さん、よろしくお願いします。

■2008年11月
 弁理士試験合格
■2009年4月
 弁理士登録
■2011年2月
 特定侵害訴訟代理業務
 付記登録

■2008年12月
 1級知的財産管理技能士
■2005年3月
 電気通信主任技術者
 (第一種伝送交換)
twitter
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny