忍者ブログ

弁理士、1級知的財産管理技能士であるGolferPAが、弁理士試験、知的財産管理技能検定試験の合格を目指す方々にとって有益な情報をご提供します。新司法試験の論文式試験(選択科目:知的財産法)を受験される法科大学院の方々にもお役に立てると思います。また、知財・弁理士の実務関連についても情報展開していきます。更に、ちょっとした書評もお伝えします。
*admin*entry
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガンダムと日本人
ガンダムと日本人 (文春新書)
ガンダムと日本人 (文春新書) 多根 清史

文藝春秋 2010-11-17
売り上げランキング : 17634

Amazonで詳しく見る
ガンダムに学ぶ経営学―宇宙世紀のマネジメント・ケーススタディ シャア専用の言葉 モビルスーツ全集水陸両用MS (双葉社MOOK) ガンプラ開発戦記 -誕生から大ブームまで- (アスキー新書) ガンダムの常識Special 赤い彗星シャア・アズナブル篇

現代史と、ガンダムの歴史がたびたび交錯しながら、論が進められていくので、少し読みにくい面はあるものの、切り口が面白い新書だと感じた。

「あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。」

これはガンダムの中の有名なセリフだが、これには以下のような論説をしている。
 
整備兵のいう「80%」とキシリアのいう「80%」は違うもの差しに基づいているのではないか。二人は立場もかけ離れていれば、モビルスーツを見つめる目線も自ずと異なってくる。
整備兵から見たジオングは、手塩にかけてメンテナンスを行なったその機体ただ1機のみ。かたやジオン軍の兵站を預かるキシリアにとっては、二足歩行ができず重力のない場所にしか配備できなければ、いくら強烈な火力を持つ機体とはいえ、地球の連邦軍本部を奇襲させるような使い道には差し向けられず、運用できる局面が絞られてしまう。
 
なかなか面白い分析の仕方ではないでしょうか。
私が子どもの頃は、上記のセリフは、そのまま直球的に受け取っていたのですが、このような解釈の仕方もあるんですね。
原作が初めからそのようなことを意図して作られていたのであれば、更に驚きですが。

気軽にさっと読める本なので、通勤通学のおともにいかがでしょうか。


講座・ゴルフ場検索はこちらから ↓
   
1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

拍手[0回]

PR
comment
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackback
この記事にトラックバックする ()
| 577 | 576 | 575 | 574 | 573 | 572 | 571 | 570 | 569 | 568 | 566 |
| prev | top | next |
CM : 忍者ブログ : [PR]
LEC アドヴァンステキスト
ブログ内検索
資格・講座&ランキング
資格・講座の検索はこちらから ↓



1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
プロフィール
HN:
GolferPA
性別:
男性
職業:
企業弁理士
趣味:
ゴルフ、音楽制作
自己紹介:
GolferPAです。
ゴルフ好きが弁理士になりました!
音楽も大好き、作詞作曲もします。
これからも知財のスペシャリストになるべく、勉強続けていきます!
皆さん、よろしくお願いします。

■2008年11月
 弁理士試験合格
■2009年4月
 弁理士登録
■2011年2月
 特定侵害訴訟代理業務
 付記登録

■2008年12月
 1級知的財産管理技能士
■2005年3月
 電気通信主任技術者
 (第一種伝送交換)
twitter
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny