忍者ブログ

弁理士、1級知的財産管理技能士であるGolferPAが、弁理士試験、知的財産管理技能検定試験の合格を目指す方々にとって有益な情報をご提供します。新司法試験の論文式試験(選択科目:知的財産法)を受験される法科大学院の方々にもお役に立てると思います。また、知財・弁理士の実務関連についても情報展開していきます。更に、ちょっとした書評もお伝えします。
*admin*entry
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

条文の読み込み

論文試験・口述試験、否、短答試験においても、
条文の読み込みは重要になってきます。

では、条文の読み込みって一体どうやるのでしょうか?

人それぞれイメージがあると思うのですが、
私的には以下のような感じです。

・素読
  条文を一字一句そのまま読む。

・精読
  条文の趣旨・定義・要件・効果・留意点を
  頭に思い浮かべながら読む。

・速読
  主語・ただし書・文末表現等の要点だけをみて
  さっと読む。

・連読
  制度等(たとえば、関連意匠制度)で
  関連する条文を探してまとめて読む。

・準読
  準用しているおおもとの条文を調べて読む。

・暗読
  暗記しながら(目で見た後、そらでリピートする)読む。

これらの読み方をその状況にあわせて
(短答前、論文前、口述前)
組み合わせて、読み込みを行ってきました。

読み込みにかかる時間は、各々によって違ってきますが、
一番短い速読だと、特許法だけで、2時間ぐらいです。
精読なんかだと、10時間ぐらいかけることになります。
(ただし、趣旨とかの理解・暗記度が深まるにつれ
 時間が短くなっていきます。)

読み込みといっても、いろいろあるんだなぁ
と感じていただければ幸いです。

よろしければ参考にしてみてください。
 

拍手[0回]

PR
comment
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackback
この記事にトラックバックする ()
条文の回し方
09/05/11 メールで配信済みのサポート情報の内容を、以下に転記します。 現在、ランキングでが30〜40位を行ったり来たりしています☆ ...
2009/06/05 13:51 | URL
| 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 |
| prev | top | next |
CM : 忍者ブログ : [PR]
LEC アドヴァンステキスト
ブログ内検索
資格・講座&ランキング
資格・講座の検索はこちらから ↓



1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
プロフィール
HN:
GolferPA
性別:
男性
職業:
企業弁理士
趣味:
ゴルフ、音楽制作
自己紹介:
GolferPAです。
ゴルフ好きが弁理士になりました!
音楽も大好き、作詞作曲もします。
これからも知財のスペシャリストになるべく、勉強続けていきます!
皆さん、よろしくお願いします。

■2008年11月
 弁理士試験合格
■2009年4月
 弁理士登録
■2011年2月
 特定侵害訴訟代理業務
 付記登録

■2008年12月
 1級知的財産管理技能士
■2005年3月
 電気通信主任技術者
 (第一種伝送交換)
twitter
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny