忍者ブログ

弁理士、1級知的財産管理技能士であるGolferPAが、弁理士試験、知的財産管理技能検定試験の合格を目指す方々にとって有益な情報をご提供します。新司法試験の論文式試験(選択科目:知的財産法)を受験される法科大学院の方々にもお役に立てると思います。また、知財・弁理士の実務関連についても情報展開していきます。更に、ちょっとした書評もお伝えします。
*admin*entry
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

法的問題処理回路
最近の論文試験では、長文化・小問化など、以前とは異なる傾向になってきています。
しかし、実際に書くべきことは、以前とそれほど大差ないと感じています。

ただし、問われる範囲は、以前よりは少し広がってきているように思えます。
つまり、以前は、メジャーな論点について聞かれることが多かったのに対して、最近は、メジャーな論点にプラスして、これまであまり出されたことがない論点について考えさせるような問題が出題されているような気がします。

ときには、学説等でも割れているような内容について問われます。

では、このようなマイナーな論点が出たときに、どのようにすればよいのでしょうか。

単純に考えれば、覚えるべき論点を増やす、ということです。
とにかく、様々な書にあたって、問われそうな論点を拾ってきて、自分なりに整理しておくことです。

でも、これでは、あまり時間がない受験生にとっては無理難題です。

では、どうすれば・・・

メジャーな論点を再度じっくり噛み砕いてみること。
どういう背景があって、どういう根拠で、どういった結論になったのか。
また、その結果について更なる問題点はないのか。
そういったことをあらためてきちんと考えてみることがいいのではないでしょうか。

メジャーな論点であれば、解説されている本は沢山あります。
違った観点を多く学ぶためにも、そういった本を数種読んで、自分の頭で整理する練習をしておく。

そうすると、学者の方々に比較すれば性能はあまりよくなくても、法的問題処理のためのそれなりの回路が頭の中にできると思うのです。

その回路ができてくれば、これまで勉強したことがないような新たな論点が出題されたとしても、なんとかかんとか論理を組み立てることができると思うのです。

要するに、内容を覚えることに時間的な限界があるのであれば、問題を解決するための枠組み、スキームを身につけておくことがよいのではないか、ということです。

よろしければ参考にして、がんばってください!

拍手[0回]

PR
comment
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackback
この記事にトラックバックする ()
| 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 |
| prev | top | next |
CM : 忍者ブログ : [PR]
LEC アドヴァンステキスト
ブログ内検索
資格・講座&ランキング
資格・講座の検索はこちらから ↓



1日1回クリックお願いします ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
プロフィール
HN:
GolferPA
性別:
男性
職業:
企業弁理士
趣味:
ゴルフ、音楽制作
自己紹介:
GolferPAです。
ゴルフ好きが弁理士になりました!
音楽も大好き、作詞作曲もします。
これからも知財のスペシャリストになるべく、勉強続けていきます!
皆さん、よろしくお願いします。

■2008年11月
 弁理士試験合格
■2009年4月
 弁理士登録
■2011年2月
 特定侵害訴訟代理業務
 付記登録

■2008年12月
 1級知的財産管理技能士
■2005年3月
 電気通信主任技術者
 (第一種伝送交換)
twitter
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny